治療について

「太子堂鍼灸院 パンフレット」より

 

―はじめに―

当院の治療方針を知っていただこうと思います。
病気は自己治癒力の低下ですが、その背景には「冷え」が存在します。
病気とは体の「冷え」が具体的な症状となって現れたものなのです。
つまり、どの病気の背景にも「冷え」がある、ということになります。
この「冷え」を治療する方法を積聚治療(しゃくじゅちりょう)といいます。
積聚(しゃくじゅ)とはお腹が痛いとか硬いなどの症状のことです。もちろん積聚も「冷え」から来ています。
体の芯が温まると、いろいろな症状は徐々に消えていくのです

 

―冷えと病気―

ここでいう「冷え」とは単に冷たいということだけではなく、生命力の低下を指しています。
この「冷え」により体には様々な症状が現れます。
これらの症状を軽減するには「冷え」を解消することが必要です。

 

―積聚治療―

例えば膝の痛みを訴える患者さんを丁寧に診察してみると、膝以外にも腰や首など様々な場所に異状が現れていることが良くあります。

わたしたちは、体のいろいろな異状の中でも特にお腹に現れる症状(積聚-しゃくじゅ)を重要としています。

お腹に現れている症状、つまり積聚に応じて背中に刺激を与えることにより、効果的に「冷え」を解消することができます。

これが、当院で行う治療を積聚治療と称するいわれです。